お問い合わせ

  • 坂城町立坂城小学校
  • 〒389-0601
  • 長野県埴科郡坂城町
  • 大字坂城6227番地
  • TEL 0268-82-3161
  • FAX 0268-82-3162

坂城小学校校歌


  林 久男 作詞・作曲  明治41年2月制定


  一
    月に名高き 鏡台や  五里が高峯を 北に負ひ

    千曲の流れを 西に帯ぶ  郷は自然の 大花園

    あゝ葛尾の わが郷や  あゝうるはしき わが園生


 二
    園のま中の 学校は  をさな健児の 花のむろ

    ここに萌えづる 若みどり  やがて国士の 実をむすび

    ここに生ひたつ 鵬の雛  やがて図南の 翼をうつ


  三
    あゝ葛尾の わが郷や  森に祖先の 霊やどり

    谷に古人の 声をきく  今も城趾の 松風は

    名将 村上義清の  偉名を千代と なりひびく



 林 久男


林 久男


明治15年5月19日、御所沢の林甚右衛門の三男として生まれる。

勉強好きで、6年生のとき親に内緒で上田中学を受け、合格。

上田中学まで三里の道を毎日歩いて通ったという。

やがて長野中学、第一高等学校を経て、東京帝国大学ドイツ文学科へ入学する。

東京帝国大学在学中の明治41(1908)年、本校の校歌を作詩、作曲。

(26歳のときの作品)

明治41年3月30日、坂城小学校を訪問、体操場で歓迎会に出席。

京都の第三高等学校の教授となり、ドイツ文学者の第一人者として活躍する。

昭和9年没。